バナー

カードローンの審査基準と借り入れ限度額について

消費者金融などが行っているカードローンを利用するためには、申込みをした後に審査を通過する必要があります。

申込みのときに氏名や住所などの基礎情報の他に、年収や勤務先情報などを通知して、50万円以上の借り入れをするときには、収入証明書の提出も求められることになります。


カードローンは信用を元にして融資を行っているサービスですので、利用者の様々な個人情報を審査して融資の可否が決められます。

多くの消費者金融の審査では、職業形態が問われないと言えますので、必ずしも正社員でなければ利用できないことはありません。

Yahoo!知恵袋情報が探せます。

毎月の一定の収入があれば、アルバイトやパート、派遣社員の方も利用できるものが多くなっています。

カードローンの比較ならこちらが人気です。に興味ある方、必見です。

消費者金融から融資を受けるときには、法律上の制限として総量規制が適用されますので、借り入れ金額の合計が年収3分の1以上になるときには、それ以上の金額の借り入れができなくなるので注意が必要です。


総量規制は貸金業法で規定されている法律上のルールですので、銀行法に基づいて運営が行われている銀行カードローンの場合には、総量規制の適用は受けません。

従って、銀行カードローンであれば、利用者の年収3分の1以上の金額になっても融資が実行されることになります。



総量規制の問題によって消費者金融から融資を受けられなくなったときには、銀行カードローンに借り換えを行うことや、複数の融資先を1本化する方法を選択することも可能です。